ホーム > エンタメ > カットする

カットする

任意整理という言葉は一般には債務の整理とも言われお金の貸し手に対して返金を行うことを選択する債務を整理する選択肢となります。

 

一般的な流れですが、司法書士の資格を持つものもしくは弁護士が貸方とあなたの仲介をして示談をして、法律に従って適切な利息計算をしてから一から計算しなおした借りているお金の元金について借入利息を少なくする形で3年くらいの期日で返済をしていく整理順序です。

 

この任意整理には各裁判所といった機関が関与することがないので別の選択肢と比較した場合、採用したときにおける不利になる点が最も少なく、過程も借金をしている人にあまり重荷になることがないのでメインとして選択したほうがよい方法ということになります。

 

債権を持つものが消費者金融といったようなとても高額な年利であるなら、利息制限法で決まっている金利などに追加して振り込んだ借入金利は借りたお金の元金に適用すると判断され借りたお金の元金それそのものをカットすることも不可能ではありません。

 

つまりは、ヤミ金などの法外な利息のところへ長期間返している場合には金利分をカットすることができる場合もありますし十数年返し続けている例では元金そのものが消化されてしまう場合もあります。

 

債務の整理の利点ですが、自己破産手続きと違ってある部分だけの借金だけをまとめていくことが可能なため、他に保証人が関与している負債額を除いて整理していく際や自動車ローンの分を除いて手続きしていく際等でも申請することも良いですし築き上げてきた資産を処分する必要がありませんのでクルマや不動産などの個人資産を持っているものの、放棄してしまいたくない状況でも有用な債務整理の手続きになります。

 

いっぽう、後々の返済に必要となる額と実際として可能な所得額をかんがみて、だいたい返済が見通せるようならば任意による整理の手続きを進めていくことに問題ありませんが、破産と異なり借金自体がなくなるというわけではありませんので借入金の量が巨額なような場合は現実には任意整理で手続きを進めることは容易ではないといえるでしょう。

 


関連記事

  1. カットする

    任意整理という言葉は一般には債務の整理とも言われお金の貸し手に対して返金を行うこ...

  2. テスト

    テスト記事です。...